平成29年度 水戸済生会総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 612 202 273 470 535 794 1778 2351 1746 391
平成29年度中に当院を退院した患者様を年齢階級別に集計したものです。当院では出生から終末期医療まで幅広く対応しています。
病院の基本方針である「患者さんの悩み・苦しみに共感し、安全に十分に配慮しながら、良質の医療を提供します」を職員一人ひとりが実行し、地域と連携しながら社会的貢献をしていきます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 175 5.26 5.94 0.57 0.74
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 46 4.11 5.50 0.00 3.78
040100xxxxx00x 喘息 36 4.69 6.32 2.78 3.14
0400801199x00x 肺炎 34 5.85 5.70 0.00 4.74
030270xxxxxxxx 上気道炎 21 3.71 4.84 0.00 1.38
当院では下気道感染症・喘息・ウイルス性腸炎等、紹介患児・救急患児に24時間365日対応することを基本姿勢としています。隣接する茨城県立こども病院や他の医療機関とも連携を密にし、地域における小児医療の役割を果たしています。
下気道感染症の患者が多く重症の喘息患者は少ないことが読み取れます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 40 6.73 7.40 0.00 61.48
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 36 2.69 4.38 0.00 65.78
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 31 6.39 6.64 0.00 58.48
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 26 10.65 8.98 3.85 75.19
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 23 16.17 15.61 0.00 71.78
最も多いのは胆嚢炎や胆嚢結石などの胆嚢疾患で、手術の約9割を腹腔鏡下手術で行っています。当院の消化器内科とともに消化器センターの一端を担い、個々の患者さんに迅速かつ最適な医療を提供できるように連携をとっています。胆嚢手術の他に胃、大腸、鼠径ヘルニアなどの手術でも腹腔鏡下での症例数が増えています。その他、消化器がん・乳がんに対する抗がん剤治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 191 27.23 27.09 50.26 81.76
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 78 8.33 5.21 1.28 59.64
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 66 27.23 19.94 16.67 73.92
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎  その他の手術あり 48 16.98 17.28 0.00 72.25
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 47 21.94 22.08 6.38 70.72
最も多い症例は大腿骨骨折の手術症例です。大腿骨骨折は高齢者に多い疾患で、手術後はリハビリを目的とした医療機関への転院が多くなります。
当院では、骨折をはじめ整形外科全般に広く対応しています。関節疾患や脊椎脊髄疾患の専門医も在籍しており、他の医療機関からも数多く紹介をいただいています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 31 5.58 9.64 0.00 6.39
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 19 4.89 4.14 0.00 29.47
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 13 6.77 5.60 0.00 28.00
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 9 30.56 25.98 0.00 55.33
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 9 3.00 7.55 0.00 2.44
当院では、口蓋裂・唇裂等先天性奇形に対する手術が比較的多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 43 23.02 19.10 65.12 71.21
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボン リハビリあり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 17.10 16.38 20.51 72.74
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし リハビリあり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 32 17.72 16.51 28.13 72.63
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 28 12.61 11.75 7.14 74.54
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボン リハビリあり 副傷病あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 27.00 18.34 60.00 79.07
平均在院日数が長い傾向がみられます。転院調整など連携強化に努めます。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 26 12.50 12.51 0.00 74.58
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等21あり 副傷病なし 25 21.28 23.93 0.00 71.80
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 25 15.32 17.95 4.00 72.36
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 19 5.32 3.20 0.00 68.32
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 14 8.07 12.35 0.00 74.29
虚血性心疾患や脳血管障害、慢性腎不全や重症糖尿病、慢性呼吸器疾患を有する高齢者の腹部大動脈瘤の治療は、開腹手術よりも低侵襲である腹部大動脈ステントグラフト内挿術を施行しています。
急性大動脈解離スタンフォードB型は安静降圧療法の初期治療の後、亜急性期に有意な拡大を示す症例に対しては積極的に胸部大動脈ステントグラフト内挿術を施行しています。
下肢静脈瘤に対しては血管内焼灼術(ラジオは及びレーザー治療)を導入してより低侵襲で患者のQOLを上げる治療を採用しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 76 8.84 9.75 0.00 32.63
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 53 22.57 31.42 0.00 31.74
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 44 25.09 20.41 2.27 32.20
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 34 8.03 9.91 0.00 44.50
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 33 7.15 11.49 0.00 0.00
最も多いのは胎児機能不全(胎児仮死)や胎児回旋異常、前期破水など分娩時の合併症に対して帝王切開術を行う患者さんです。
当院は茨城県央・県北地域を担当する「総合周産期母子医療センター」として、地域で発生する重症・ハイリスク妊婦さんの紹介(母体搬送)受け入れ、産科救急診療に積極的に取り組んでいます。担当地域だけでなく、県南や県西、鹿行地域、福島県いわき市、栃木県東部等、近隣他県からの産科症例の搬送依頼にも可能な限り対応しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 24 11.96 10.21 0.00 55.25
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 21 8.90 8.51 0.00 66.33
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 16 3.00 3.28 0.00 20.06
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 16 2.94 3.29 0.00 61.81
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 15 8.60 6.63 0.00 61.60
最も多いのは網膜剥離の手術症例です。網膜剥離は網膜復位術と硝子体手術で半々の割合となっています。
※今回の集計条件では短期滞在手術等基本料を算定する患者さんは除外されていますが、眼科で一番多い症例は、その短期滞在手術等基本料の算定対象となる白内障に対しての手術(水晶体再建術)で、当院では2泊3日の入院で行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 20 9.45 11.73 0.00 68.50
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 8 3.00 3.16 0.00 6.75
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 7 7.86 8.95 0.00 71.71
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 1 3.00 8.50 0.00 86.00
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 1 12.00 17.95 0.00 92.00
最も多いのは蜂巣炎(蜂窩織炎)の薬物療法です。
蜂巣炎・帯状疱疹ではクリニカルパスを運用しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 化学療法あり 50 5.52 7.64 0.00 73.56
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 化学療法なし 37 6.43 7.31 0.00 75.27
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 28 3.79 5.75 0.00 62.39
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 25 2.28 2.73 0.00 63.48
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 14 3.57 5.74 0.00 62.86
最も多いのは膀胱腫瘍の経尿道的手術です。患者さんの状態によっては化学療法や放射線療法も併せて実施します。
次いで多いのは尿路結石の経尿道的尿路結石除去術です。当院では2泊3日の入院で行っています。
※今回の集計条件では短期滞在手術等基本料を算定する患者さんは除外されていますが、短期滞在手術等基本料の算定対象となる前立腺癌疑いに対しての前立腺針生検目的の入院は、当院では1泊2日の入院で行っています。また、腎・尿路結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術も1泊2日の入院で行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 177 4.03 4.62 0.00 68.42
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 95 3.75 3.03 1.05 67.36
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 95 4.62 5.30 0.00 63.88
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 75 11.69 11.21 2.67 78.11
050030xx97000x 急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 68 13.53 12.72 2.94 69.40
循環器内科では虚血性心疾患、不整脈、心不全の疾患をバランスよく対応しています。
救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 31 2.35 3.58 6.45 39.23
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 18 8.44 20.83 11.11 83.17
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 17 5.29 7.34 5.88 64.24
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 14 2.29 4.01 0.00 57.93
161020xxxxx00x 体温異常 13 3.00 5.73 7.69 58.00
最も多いのは薬物中毒です。事故による突発的なものから自殺目的の意図的な大量内服などがこれに含まれます。
当院では3次救命救急センターを有しており、多発外傷、急性中毒、重症熱傷などを受け入れを対象としております。脳卒中、心疾患(冠血管障害)については、専門各科と連携して診療を行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 9 15.11 15.47 0.00 80.00
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 6 11.17 10.60 0.00 79.00
130010xx97x0xx 急性白血病 手術あり 4 49.00 16.13 0.00 85.00
130080xx97x00x 再生不良性貧血 手術あり 3 13.33 12.12 0.00 79.33
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 2 5.50 5.30 0.00 86.00
最も多いのは骨髄異形成症候群です。高齢者に多い骨髄異形成症候群は、患者のQOL(生活の質)に配慮した治療法を選択しています。
当院では評価の定まった標準的治療法を主に施行し、研究的な治療法の選択にあたってはインフォームドコンセントを重視しています。
スタッフのチームワークを大切にし、患者家族とのコミュニケーションを重視した診療を心がけています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 125 9.24 10.61 1.60 72.84
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 51 9.27 11.44 1.96 69.82
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 47 7.28 8.43 0.00 77.04
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 36 9.53 10.71 5.56 70.22
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 29 5.59 9.90 0.00 71.10
救急患者を積極的に受け入れている為、胆石や胆管炎の増加が見受けられます。。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 13 22.31 20.83 30.77 86.08
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 6 21.83 12.34 16.67 78.67
050140xx99x01x 高血圧性疾患 手術なし 4 14.00 19.26 0.00 75.25
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 4 15.25 11.73 0.00 74.75
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 3 8.00 13.51 0.00 79.33
総合内科は高齢者の肺炎や尿路感染症、心不全の入院が多くなっています。高齢者の場合、入院をきっかけにADLの低下を来すことが多く、自宅に戻れずに転院や施設に移る割合が高く、在院日数も長くなる傾向があり課題となっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 86 8.19 12.41 6.98 68.43
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 62 15.66 12.23 8.06 62.50
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 58 6.12 8.50 10.34 66.64
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 49 38.69 36.38 16.33 70.45
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 44 7.02 7.35 0.00 41.11
慢性腎不全における透析の導入やシャント不全などの合併症に対する処置入院、腎炎になどに伴う腎機能障害に対する腎生検を含めた精査・加療を多く行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 11 5 40 45 30 1 7
大腸癌 13 27 53 54 32 66 1 7
乳癌 6 9 5 5 9 9 1 7
肺癌 9 2 2 8 7 17 1 7
肝癌 10 5 2 1 29 84 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、胃癌、大腸癌の症例が多くなっています。
Stageとは癌がどれくらい進行しているかという進行度合を意味しています。早期Stageは手術症例を意味しており、その他化学療法による治療も行っています。
また、緩和ケア病棟を有しており、治療が困難な患者さんに、全人的(身体的、精神的、社会的、霊的)なケアをいたします。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 6 16.50 55.50
中等症 54 15.63 77.09
重症 23 19.52 82.26
超重症 4 20.00 86.00
不明 0 0.00 0.00
肺炎の重症度を判定するものとしてA-DROPスコアがあります。スコア0は軽症、スコア1~2が中等症、スコア3は重症、スコア4~5は超重症として治療環境を判断します。 高齢になるほど重症度が高くなり、入院日数も長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 149 26.54 76.83 39.13
その他 12 20.33 74.92 0.62
脳梗塞の患者さんの約9割が発症当日を含む3日以内に救急搬送や直接来院されています。また、急性期治療を終えた約4割の方が他施設へリハビリテーション目的等のために、転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 73 1.63 3.90 0.00 60.03
K6335 鼠径ヘルニア手術 64 1.19 1.97 0.00 71.73
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 27 4.96 19.19 0.00 73.11
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 18 0.44 3.50 0.00 33.33
K639 急性汎発性腹膜炎手術 16 0.50 29.38 18.75 60.25
外科で最も多いのは腹腔鏡下胆嚢摘出術です。鏡視下手術の利点は、身体を傷つける範囲を狭くし、手術後の痛みを軽減させ回復を早め、結果として少ない日数で退院が可能であることです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 166 1.32 23.18 42.17 76.75
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 83 2.58 14.71 7.23 62.02
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 69 2.94 25.72 47.83 81.86
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 69 1.75 26.91 1.45 72.99
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 53 3.74 18.62 9.43 69.40
大腿骨頸部骨折は高齢者に多い骨折ですので全身状態のアセスメントが必要ですが、麻酔科の協力を得てなるべく緊急手術にて行い待機期間を短くしております。約半数の方は地域連携パスを使用し県央周辺のリハビリ病院に転院となります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 12 0.75 5.92 0.00 25.67
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 9 0.78 3.89 0.00 49.89
K1002 多指症手術(骨関節、腱の形成を要する) 9 1.00 1.00 0.00 1.67
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 8 1.00 3.13 0.00 25.88
K4262 口唇裂形成手術(片側)(口唇裂鼻形成を伴う) 8 1.00 1.63 0.00 12.63
植皮術を他の手術に併用し、皮膚欠損や拘縮の治療を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 1.16 11.03 15.63 75.13
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 9 2.89 47.00 55.56 74.89
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 6 0.00 54.83 66.67 70.17
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 5 0.60 54.80 80.00 66.40
K1742 水頭症手術(シャント手術) 4 15.50 26.50 50.00 78.75
平均在院日数が長い傾向がみられる。今後も病診。病病連携の推進が必要と思われます。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 24 5.13 27.63 12.50 73.79
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 23 1.87 11.48 0.00 75.65
K617-2 大伏在静脈抜去術 19 1.11 3.21 0.00 68.32
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 18 2.22 19.72 5.56 73.72
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 18 3.44 18.39 5.56 67.89
高齢化に伴い動脈硬化性変性疾患を原因とする大動脈弁狭窄症患者の増加が著しい。当院の特徴として血液透析患者の弁膜症が多い。多臓器の出血性合併症を防止するため、また将来認知機能低下による服薬コンプライアンスの低下を予想して、可及的に生体弁の移植を推進している。当院におけるステントグラフト内挿術(胸部+腹部)は300症例以上となり、患者の病態に合わせた種々のデバイスの選択の幅が広がり、一症例毎の最適な治療法の選択テーラーメイド治療が可能になってきている。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 110 5.06 6.55 0.00 33.11
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 70 6.11 6.83 0.00 31.70
K877 子宮全摘術 43 1.02 6.33 0.00 47.44
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 31 0.94 2.97 0.00 33.03
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 24 1.08 6.25 0.00 47.42
産婦人科で最も多い手術と2番目の手術は、帝王切開術です。帝王切開術は、子宮を切開して胎児を娩出させる手術で、最も多い選択的帝王切開は、骨盤位(逆子)や既往帝王切開後妊娠(以前に帝王切開をしたことがある)に対して、事前に手術日を決めて行います。また、2番目に多い緊急帝王切開は、胎児機能不全(胎児仮死)や胎児回旋異常、前期破水など分娩時の合併症に対して、緊急的に行います。
3番目に多い手術は、子宮全摘術です。子宮筋腫や子宮癌、子宮頸部異形成などの患者さんに対して行う手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 442 0.98 1.05 0.23 73.74
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 37 0.86 8.62 2.70 60.68
K2683 緑内障手術(濾過手術) 20 1.00 8.65 0.00 67.10
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 11 1.00 1.00 0.00 45.09
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 11 1.00 1.00 0.00 65.45
眼科で最も多い手術は、白内障に対して施行される水晶体再建術です。当院では2泊3日の入院で行います。
次いで硝子体茎顕微鏡下離断術、緑内障手術が多くなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 89 1.57 3.29 0.00 73.98
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 72 0.10 1.00 1.39 63.54
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 27 1.30 1.41 0.00 61.93
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 0.57 10.19 9.52 70.52
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 14 1.14 1.43 0.00 62.86
泌尿器科で最も多い手術は、膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術です。膀胱鏡で浸潤がないと判断された主に早期の膀胱癌に対して施行されるもので、尿道から内視鏡を挿入し腫瘍を切除する手術となります。次いで多いのが経尿道的尿路結石除去術(レーザー)で、経尿道的に尿管鏡を操作してレーザーによって粉砕する手技です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 156 2.30 3.17 0.64 68.80
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 81 1.06 3.01 3.70 73.42
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 64 1.14 2.61 0.00 64.25
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 50 0.10 13.42 6.00 71.02
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 49 0.02 18.55 8.16 66.49
循環器内科では虚血性心疾患および不整脈、閉塞性動脈硬化症の分野で高度な医療を提供しています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 251 0.34 2.21 1.59 70.80
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 187 3.69 11.52 9.63 68.32
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 29 6.48 14.83 10.34 72.48
K608-3 内シャント血栓除去術 8 0.38 5.63 0.00 72.13
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 7 12.29 38.14 14.29 69.00
内シャントに対するカテーテルや手術療法、人工血管によるシャントの作成などを行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 286 0.13 2.05 0.00 66.30
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 117 1.96 10.73 3.42 76.66
K654 内視鏡的消化管止血術 73 0.30 8.36 1.37 72.75
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 49 1.02 7.43 0.00 70.33
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 46 2.15 6.50 2.17 71.74
最も多いのは内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。当院では2泊3日の入院が主となっています。
救急の胆石・胆管炎患者の増加に伴い、内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的乳頭切開術が増加しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.04
異なる 23 0.25
180010 敗血症 同一 10 0.11
異なる 33 0.36
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 428 4.68
異なる 12 0.13
更新履歴